オリエントマネジメント

[オリエントマネジメント]中国投資ファンドを徹底解説

orient-management

オリエントマネジメントとは

今回はオリエントマネジメントというヘッジファンドについて考察・解説していきます。

オリエントマネジメントは中国投資を専門にするヘッジファンドで、マーケットを大きく上回る高いリターンを叩き出している注目のファンドです。

 

直近約3年間のオリエントマネジメントの運用成績を主要なインデックス(指数)と比較してみましょう。

この表にあるように、オリエントマネジメントはコロナ禍で株式市場が不安定になって以降も、安定して高いリターンを出し続けています。

日経平均やS&P500といった、日本・米国の株価指数だけでなく、同じ中国国内の株価指数である、上海総合指数や香港ハンセン指数を上回っている点は圧巻です。

特に注目するべきポイントは世界的に指数が落ち込んだ2022年でしょう。

アメリカの大幅な利上げなどを理由に世界的に株価指数が落ち込んだ2022年でさえもプラスのリターンにまとめている点はヘッジファンドならではの魅力です。

 

最近のトレンドは「全米株式」や「オルカン(オールカントリー/全世界株式)」といった、先進国を中心としたインデックス投資が人気で、実際ここ2,3年は安定したパフォーマンス推移となっています。

しかし、株価上昇の背景には「円安」や「インフレ」といったネガティブな要素も含まれており、今後この成長が継続する保証はありません。

コロナショック(2020年1~3月頃の暴落)で一度大きく株価は落ち込みましたが、その後日経平均株価は大きく回復し、今では割高と言われるまでに高騰しています。

専門家の間では、数年のうちに確実に調整が入り、株価が大きく下方修正されるという見込みも有力です。

 

日本株やアメリカ株のの高止まりや暴落が懸念される中で、今後飛躍が期待されるアジアなど、新興国に目線を移した投資が注目されています。

特に中国への投資は、マイケルバーリやレイダリオといった世界的に著名な投資家も注目していることを公言するほど、急速に価値が高まっています。

 

また、新興国をはじめとした日本・アメリカ以外の国への投資は、資産を円とドルに集中させすぎない「リスク管理」の観点においても非常に意味があります。

 

そんな中、今やアメリカに次いで世界2位の経済大国にまで成長した隣国「中国」に投資するファンドとして注目されているのがオリエントマネジメント合同会社(Orient Management LLC)です。

資産運用の重要性がますます高まっている昨今、大きなリターンが狙える投資先を見つけ出し、より高いパフォーマンスで資産形成したいと考えている人にとっては、かなりおすすめできるファンドです。

 

今回は、そんなオリエントマネジメントについて

  • 中国に投資する3つのメリット
  • 中国に投資する上での2つの優位性

を解説していきたいと思います。

⬇︎オリエントマネジメントへの問い合わせはこちら⬇︎

 

会社概要

名称 オリエントマネジメント合同会社
英名 Orient Management LLC
所在地 東京都港区東麻布2-35-1 KCビル6階
電話番号 03-4400-7067
Email orient@orientmanagement.jp
法人番号 9010403025254

参考:Orient Management

※本記事は中国株式に関する一般的な情報や、オリエントマネジメント社に問い合わせて得られた情報を元に作成しています。同社から直接収集した資料は社外秘だったため、直接の公開は控えています。

 

中国株式の魅力

オリエントマネジメントについて解説する前に、まずは一般的な中国株式の魅力について分析していきましょう。

 

中国への投資の大きな魅力は

  • 圧倒的な経済資源、経済成長
  • 巨大な株式市場と割安な株価
  • 外国資本の投入による株価向上の余地

の3点です。

 

圧倒的な経済資源、経済成長

世界一(約14億人)の人口を有し、その数はいまだに増え続けています。30代を中心とした労働人口も多く、今後もさらなる経済発展が期待できます。

また、鉄鉱石やレアアース、石炭、石油などを大量に資源として保有しており(様々な資源について世界一の保有量)、その世界4位の巨大な国土を活かした資源大国としても知られています。

 

既に、アメリカに次いで世界2位の経済大国(3位日本の約4倍)でありながら、今なお年6%近い経済成長を続けており、これはGDPトップ10(アメリカ、中国、日本、ドイツ、イギリス、インド、フランス、イタリア、ブラジル、カナダ)の中でも圧倒的です。

 

巨大な株式市場と割安な株価

経済成長に伴い、株式市場も大きく成長しており、日本を抜きこちらも世界2位の市場規模となっています。

しかし、一方で株価は未だ低いままで、世界的に見ても非常に割安です。

一般に、実体経済の成長が株式市場(株価)に反映されるまでには5〜10年程度のタイムラグがあると言われており、中国は今まさにこの移行期間の最中にいると考えられており、今後急激に株価が上がることが期待されています。

これは「①経済の成長→②業績アップ→③所得の向上→④消費力のアップ→⑤資産価値の向上→⑥投資意欲の増大→⑦株価アップ」と順を追って経済成長が反映されていくためです。

数年前に話題になった「爆買い」などはまさに「④消費力のアップ」のフェーズだったと考えられます。

 

外国資本の投入による株価向上の余地

外国人投資家比率も低く(日本が30%なのに対し、中国は5%前後)、今後規制が緩和され多くの海外資本が投入されることで、大きく株価が跳ね上がり、更なる経済成長が期待されます。

中国の経済成長が安定し、海外の投資家が注目するようになると、一気に資金が投入され株価が急上昇する可能性が期待されています。

それに先駆けて投資することで、先行者の優位性を活かし大きな利益獲得が狙えます。

 

中国投資の魅力まとめ

経済が大きく発展し、今後もさらなる成長ができるにも関わらず、未だ株価は割安に推移しており、まだまだ伸び代があります。

今後、爆発的な株価の上昇が期待できることを考えると、まさに今のうちに手をつけるべき最も魅力的な株式市場が中国と言えるでしょう。

 

中国/新興国投資のメリット

分散投資によるリスク管理

資産運用において、リスク管理は非常に重要です。

リスク管理のためにも分散投資は非常に重要かつ有効ですが、きちんと分散投資をするには闇雲に投資先を増やすだけでは不十分です。

より効率的に分散投資をするためには、投資先Aと投資先Bが「補完関係」になっていなければいけません。

いくら複数のものに投資しても、それが同じような属性で、上がるときは同じように上がり、下がるときは同時に下がるのでは意味がありません。

 

今、世界の経済を見渡した時に、2トップと言ってよいのが「アメリカ」と「中国」でしょう。この二大国家が派遣を争っているということは、一方が勝利することはあっても、共倒れすることはまず考えられません。

つまり、世界レベルで分散投資するのであれば、アメリカと中国の両方の資産を持つことが最も合理的な分散投資だと言えます。

日本の多くの方が「日経平均」や「全米株式」といったアメリカ経済に依存する指数にばかり投資していますが、アメリカ経済圏だけに偏らないようにするためにも、中国に投資することは大きなメリットがあります。

中国為替の強み

特にここ最近は円安が騒がれており、貨幣価値の重要性がより増してきています。

そうなった時、やはり新興国の為替はリスクがある(インフレによって通貨の価値がなくなってしまう)ということが気になるかもしれませんが、中国の為替(人民元)のレートは「ドルペッグ制」で管理されており、簡単にいうとドルと連動するようにコントロールされているため、為替によるリスクはかなり抑えられています。

日本(円)とアメリカ(ドル)で為替リスクを分散させ、アメリカと中国で経済争いのリスクも分散させることで、多角的に効率的な分散投資が実現します。

 

割安株によるリスクヘッジ

中国への投資の話をすると
「やっぱり中国は不安定なんじゃないか」
「中国への投資はリスクが高そう」
と感じる人が多いと感じます。

確かに、中国の政治や治安、その他にも様々な側面において、思うところがある人の意見もわかりますが、株価においては、割安な状態で放置されているため、現時点から大暴落するとは考えにくい状態です。

現時点の中国の株式市場は、中国人の資本のみによって支えられているため、もし今後中国人自身が中国経済に見切りをつけない限りは、株価は下支えられていると考えることができます(中国の人たちは中国人であることに誇りを持ち、愛国心も強いためその可能性は極めて低いでしょう)

そう考えたとき、中国株式は伸び代こそあるものの暴落するリスクがほとんどない(なぜなら今が底値だから)極めて低リスクな投資先と見ることもできます。

中国(やその他新興国)への投資は、リスク管理の点においても有効です。

 

オリエントマネジメントの強みと運用におけるメリット

そんな投資魅力の高い中国に投資するファンドとして知られているオリエントマネジメントにはどんな強みがあり、運用においてはどんなメリットがあるのでしょうか。

  • 中国株式で運用しており高いパフォーマンスが期待できる

という前提を踏まえた上で、他のファンドにはないオリエントマネジメントで運用するメリットや強みについて見ていきましょう。

⬇︎オリエントマネジメントへの問い合わせはこちら⬇︎

 

日本のファンドである

オリエントマネジメントは日本のファンドです。

中国株式市場に投資できる選択肢はまだまだ数が多くないですが、だからと言って海外のよくわからない会社やファンドを経由して投資するのはやはり不安があります。

その点、オリエントマネジメントは、日本の法人であり、日本人が経営する会社です。経営から運用、資産管理まで、全て日本人が携わっているので、安心して資産を預ける(投資する)ことができますし、気になることや疑問などもすぐに投げかけることができます。

オリエントマネジメントは、日本から間接的に中国に投資するファンドとして、私たち日本人がアクセスしやすく、また安心して契約できるというメリットがあります。

 

海外ファンドとのリレーションシップ

オリエントマネジメントですが、中国市場に直接参入・投資して運用するだけでなく、シンガポールやイギリスなど海外の投資法人を介しても中国株式に投資します。

 

日本から中国への直接投資も可能ですが、様々な情報統制や売買規制などがあるため、国内では十分な情報が得られなかったり有利な取引が制限される可能性があります。

 

様々な海外ファンドとの強固なリレーションシップ(関係性)を活かして、より有利に中国への投資を実現できるのが、オリエントマネジメントの強みの一つです。

なぜオリエントマネジメントが様々な海外ファンドと強固な関係性を持っているのかについては、次章の「ファンドマネージャの経歴と実績」で解説します。

 

ファンドマネージャの経歴と実績

オリエントマネジメントは、法人格こそ若い(2021年5月設立)ですが、代表者やファンドマネージャ(運用責任者)は、海外で長年運用を続けている投資のプロです。

日本株で運用するファンドは10年近くの実績がありファンドマネージャとしての実力は折り紙付きです。

また、国内のみならず、海外(中東)に投資するファンドも併せて運用しており、こちらについても十分に高いパフォーマンスを残しています。

 

また、このファンドマネージャは複数の海外ファンドでもファンドマネージャを歴任してきており、海外に対しても強いコネクションやノウハウを有しています。

この経歴と実績があるからこそ、シンガポールをはじめとした、中国投資に有利な海外拠点との強いコネクションがあるのです。

 

オリエントマネジメントは、この優秀なファンドマネージャが運用を担っており、高いパフォーマンスが期待できます。

 

オリエントマネジメントから投資するには

ここまで解説してきたように、中国に投資することは成長性(高いリターン)だけでなく、リスク管理の観点からも様々なメリットがあります。

そんな中国に投資する上で、海外拠点などの様々な優位性(強み)をもって、高いリターン/パフォーマンスを実現しているオリエントマネジメントについて解説してきました。

 

そんなオリエントマネジメントですが、私募で資本調達をしており、運用をお願いするのであれば、関係者の紹介を得るか、ファンドに直接問い合わせて相談・資料請求する必要があります。

 

新設されたばかりの若いファンドであり、まだまだ口コミなどの情報も少ないため、中国での運用に少しでも興味があるのであれば、同社のHPより資料請求してみてください。

会社HPに「資料請求と出資の相談」のフォームがあり、一般の方からの出資も受け付けています。

 

 

オリエントマネジメントは、新設されたばかりであり、情報や実績は少ないですが、これまでの経緯や、中国市場の魅力度から考えても、今後大きく化けることが十分に期待できる有力ファンドです。

 

大きな収益チャンスを掴むには、まだ世間一般が手を出していない新しい投資市場を開拓する必要があります。

もちろん、その市場が大きく成長する見込みがあることが大前提です。

 

これまで実経済で大きな飛躍をしてきた中国が、今後金融市場でも大きく飛躍する可能性は十分あります。先行者利益を活かして大きなリターンを期待するのであれば、一度問い合わせてみることをおすすめします。

⬇︎オリエントマネジメントへの問い合わせはこちら⬇︎