おすすめの資産運用

1000万円を元手に運用するおすすめの資産運用方法を紹介

10-million-yen-assetmanagement

1000万円あったらどうする?資産運用の方法やポイントを徹底解説!

世の中全体が資産運用する流れの中で

「なんとなく資産運用をした方がいいような気がするけれど何をしていいのかわからない」
「よくわからないから怖くて手が出せない」
「どんな資産運用の方法があるのか知りたい」
「投資ってリスクがあるんでしょ?不安がある」
「株式投資ってなんか難しそう」

そう思っている人も多いですよね。

さとる
さとる
特に今まで投資をしてこなかった世代は、結構な金額を貯金してきており、いきなりまとまった資産を運用しなければいけないと言われているような気がしてさらにハードルが高くなってしまうのかもしれません。

インフレが進み税金が少しずつ高くなりながらも、銀行の金利は以前低いままで貯金をしていてもバブル時代のように残高は増えていきません。

バブルの頃のように銀行の金利が6%近くもあった時代は貯金でも十分だったでしょうが、令和では、個人が責任を持って自分で資産運用することが必要になってきています。

銀行にコツコツ貯金をしていてもほとんど増えることはありませんが、わずか年3%の利回りでも運用することができれば10年後には+34%、5%なら10年後には+63%、20年後には+165%(2.6倍以上)にもなります。

このように少しずつでもきちんと安定して資産運用することができれば、老後の心配も少なくすることができ、より安心して生活をすることができるようになるでしょう。

資産運用には様々なものがあり、確かにリスクの高い「ハイリスクハイリターン」なものもありますが、リスクが低く安定的に運用できる投資も数多くあります。

特に、長年堅実に貯金をしてきて、1000万円を超えるような十分な余剰資金がある人は、その資産を有効に活用しない手はありません。

「投資しなければ損はない」という考え方は間違っており、むしろ正しく運用しないことは実質的に自分の資産の価値を減らしてしまうことにもなり得るのです。

 

この記事では、これから資産運用をする人に、具体的な資産運用方法の解説やおすすめの投資先、実際に資産運用してみた場合のシミュレーションなどを紹介していきます。

関連記事

 

1分でわかる1000万円運用オススメ方法

– この記事の1分まとめ –

1000万円を運用する場合、十分な元手があるので余計なリスクをとらず年5〜10%程度で安定して運用することが重要。
長期的にコツコツ継続することで確実に資産を増やしていこう。

一方で「1000万円」というなかなかの大金をいきなり運用するのは初心者にはなかなか難しい。
投資のプロであるヘッジファンドに任せるのがおすすめ。

 

ヘッジファンドであれば、運用に手間もかからない上、金融の知識がない初心者でも安心して資産運用をスタートできる。

投資の方法は株式やFXだけじゃない。投資方法ごとの標準的なリスクリターンや特徴を把握して、自身の資産形成に適した方法で投資しよう!

[徹底解説]資産運用方法11選

資産運用にはどんな方法があるのか知るところからはじめていきましょう。

なんとなく株式?不動産?投資信託?などと様々な候補が思い浮かぶかもしれませんが、結局どれがいいのかを判断するためには、一度全体を見渡してみる必要があります。

ここでは代表的な11の投資方法について、投資の仕組みや資産運用におけるポイントとメリット・デメリットを簡単にまとめていきたいと思います。

ここで紹介する11の投資方法

株式/債券/定期預金/投資信託/不動産/FX/積立保険/ヘッジファンド/仮想通貨/REIT/ロボアドバイザー(AI)

 

株式投資

株式投資は、会社が発行する株の売買を通じて利益を得る投資方法です。株価が上がることによって資産価値そのものが増えるキャピタルゲインと、株を保有していることで配当や株主優待などによる定期収入を得るインカムゲインの2つの利益があります。

おすすめ度
リスク 中リスク〜高リスク
リターン 比較的大きい(年10〜20%)
ポイント 投資する銘柄によって結果が大きく左右されるため、投資する人の実力(知識や経験)が非常に重要
注意点 専門的な知識に加えて、調査や売買の手間が大きい
メリット 銘柄によっては高いリターンが得られる
配当収入と資産価値UPの2つが狙える
極めれば最も有効な投資方法
デメリット 高い専門性が求められる
投資に失敗すると大きく損をすることもある
安定して成果を出すにはそれなりの資金力も必要
こんな人に
おすすめ
投資のプロ

 

債券

債券は国や自治体、企業が発行する債券を購入し発行体に貸付することで利息を受け取ることができる投資です。発行体の種類によって「国債」「社債」などがあります。

おすすめ度
リスク 極めて低い
リターン 年0.5〜1.5%
ポイント 正しく投資すれば概ね元本保証として運用できる
注意点 償還前に売買すると元本を下回る可能性もある
メリット 極めてリスクが低く元本保証に近い
デメリット リターンも小さいため資産運用として不十分の可能性大
発行体が破綻するケースなどリスクもゼロではない
こんな人に
おすすめ
十分な資産がありほとんどリターンが必要ない人

 

定期預金

定期預金は数年〜10年単位の一定期間預け入れることで、普通預金よりも高い金利が得られる預金形態の一つです。

おすすめ度
リスク ほぼゼロ
リターン ほぼゼロ(年0.002〜0.5%)
ポイント 預金の一種
注意点 銀行によって金利に差がある
メリット ほぼリスクなく運用できる
デメリット ほとんどリターンは得られない
数年単位で資金を動かせず有効活用できないリスクがある
こんな人に
おすすめ
あまりおすすめはできない

 

投資信託

投資信託は、いわゆるファンドと言われる運用会社が、投資家から集めた資金をまとめて運用するものです。投資家からの目線だと株式投資と大差ありませんが、個々の会社ではなく、投資信託ごとに決められた業界や国の企業(株式)”群”にまとめて投資することになります。

おすすめ度
リスク 比較的低い
リターン 年3〜5%
ポイント 1つの投資信託に投資するだけで、アメリカの代表的な企業にまとめて投資しているのと同じような効果が得られる。
注意点 いわゆる「インデックス投資」タイプはリスクが低い傾向にあるが、「アクティブ投資」タイプにはハイリスクなものもあるので注意が必要
メリット 1つの銘柄で簡単に分散投資ができる
NISAなどの税優遇制度も活用できる
少額から始めやすい
デメリット ハイリスクなものもあるので注意が必要
インデックスタイプは、市場が上向きなら(景気が良ければ)上がるが、不景気になると一気に下がるリスクもある
こんな人に
おすすめ
アメリカや中国などの外国株に手軽に投資したい
まずは少額から投資を始めてみたい
とりあえず全体の流れに乗っておきたい人

※インデックス投資であれば、損をするのは株価全体が下がっている時なので「1人だけ大損をする」というようなことにはまずなりません。一方で、株式市場全体が値上がりしている時にリターンも出るので、一人勝ちも期待できません。

 

不動産

不動産を購入してオーナーとしての収入を得る方法です。家賃収入によるインカムゲインと、物件購入時と売却時の価格差によるキャピタルゲインの2つの収入ポイントがあります。

おすすめ度
リスク 比較的低い
リターン 年3〜5%
ポイント ローンを組んで自己資金以上のスケールで資産運用ができる
注意点 空室リスクや物件の価値暴落など損失を被る可能性もある
優良な物件は高額だったり業界内で消化されてしまう
メリット ローンを組んだ効率的な資産運用ができる
団信(団体信用生命保険)などのメリットもある
節税効果が得られることもある
デメリット 物件の購入〜売却までに時間がかかるため手軽に始めたりやめたりしにくい
基本的に建物の価値は少しずつ下がっていく
こんな人に
おすすめ
不動産業界に詳しくコネクションがある
信用力が高くローンが組みやすい

 

FX

為替変動を利用して利用して利益を得るのがFXです。例えば1ドル100円の時にドルを買い、110円(円安)になった時にそのドルを売れば、100円→110円となり利益が得られます。

おすすめ度
リスク 非常に高い
リターン ハイリスクハイリターン(1年で数倍になることも)
ポイント レバレッジを効かせることで自己資金の何倍もの取引が可能になりリスクもリターンも跳ね上がる
注意点 高いレバレッジをかける際には短期間で全財産を失うリスクもある
メリット 短期的に利益を追求することができる
高いレバレッジをかければ一攫千金もありえる
デメリット 為替の予測は極めて困難で運に左右される
常に為替相場に張り付いてチェックし売買する必要がある
こんな人に
おすすめ
一攫千金を狙いたい
投資はギャンブル!ロマンが欲しい
運には自信がある

 

積立生命保険

生命保険も上手く活用することで資産運用の一部とすることができます。積立型の生命保険の場合、掛金の一部を積立てておいて、保険の契約期間中に保険会社に代わりに運用を任せることができます。契約満期で積み立てていた分が払い戻されますが、その期間の運用が上手くいけば、払込金額以上の解約金が得られることがあります。

おすすめ度
リスク 低リスク〜中リスク
リターン 低い(年1〜3%)
ポイント あくまでも保険機能がメインであり運用はオプション
そこまで高いリターンは期待できないが、運が良ければ利益が出る場合もある
注意点 途中解約をすると解約金が発生するのが一般的なので、実質的に20〜30年は解約ができず流動性が極めて低い
メリット 保険としての機能(死亡時に保険金がもらえる)がある
運用の手間がかからない
デメリット 掛金の一部しか運用されないため資金効率が悪い
こんな人に
おすすめ
大前提として生命保険への加入を検討している人

 

ヘッジファンド

ヘッジファンドは、投資のプロであるファンドマネージャ率いるファンドに資金を預けて運用を一任する投資です。投資のプロに運用を任せることで、投資初心者でも安定したリターンが得られるため、安心して資産運用を始めることができます。

おすすめ度
リスク 比較的低い
リターン 比較的高い(年5〜10%)
ポイント 投資のプロに任せて運用することよって安定して高い収益が期待できる
注意点 ネットなどにしか情報がないためファンド選びが難しい。中には怪しいものもある
メリット 投資のプロに一任するので手間がかからない相場に左右されない安定したリターンが得られる運用をプロに任せるので初心者でも安心して運用できる
デメリット 目安「1000万円」と最低金額のハードルが高い
私募のファンドには直接問い合わせて契約をしなければいけない(証券会社などで買えない)
一度預けてしまうと数ヶ月〜1年は資金が動かせない
こんな人に
おすすめ
自分で運用するのは不安なので誰かに任せたい運用初心者
忙しくて投資のための十分な時間が確保できない
ローリスク・ミドルリターンで運用したい
十分な資金があり中長期的にコツコツ運用したい

 

仮想通貨

仮想通貨はインターネット上にのみ存在するコインに投資します。FXと同様にコインにも為替のような値動きがありますが、仮想通貨は国が発行している通常の通貨ではないため、保証がなく非常に大きく値動きします。

おすすめ度
リスク 非常に大きい
リターン 非常に大きい(数年で数百〜数万倍も)
ポイント 仮想通貨取引所で取引される通貨(コイン)に投資します。
注意点 FX以上に大きく値動きするため大勝ちもあれば大損する可能性もあります
メリット 短期間で大きなリターンも期待できる
元手が小さくても一攫千金で億万長者になれる可能性もある
デメリット 未知の部分も多くどう値動きするか予想がつかない
一瞬のうちにコインの価値がなくなったりデータ流出などのリスクもある
こんな人に
おすすめ
とにかく一攫千金を狙いたい
未知のもの、新しいものが好き

 

REIT

REIT(リート, ​​Real Estate Investment Trust)とは、不動産投資信託のことで、投資信託の形で不動産投資をするものです。一般的な投資信託は株式や債券などで運用されますが、REITは投資の対象がオフィスビルや商業施設などの収益物件になっているものだと認識しておけばOKです。

おすすめ度
リスク 中リスク
リターン やや低め(年2〜5%)
ポイント 株や投資信託のように手軽に不動産投資ができる
注意点 配当として利益を分配するため複利の効果を得られない
メリット 実際に不動産を購入するよりも手軽に投資できる(少額から大規模物件に投資できる、いつでも売買できる)
定期的な配当収入が得られる
デメリット 定期収入になる一方で長期的な資産形成になりにくい
こんな人に
おすすめ
不動産投資に興味があるが少額から始めたい

 

ロボアドバイザー(AI)

ロボアドバイザーは、その名の通りAIを用いてポートフォリオを自動で作成するサービスです。あらかじめリスクやリターンのバランスを決めておくことで、それに合わせたポートフォリオを自動で作成します。

おすすめ度
リスク 低リスク〜中リスク(調整可能)
リターン 年1〜5%
ポイント AIに任せて自動で売買してくれる
注意点 あらかじめ決められたパターンに当てはめるだけなので、そこまで高度な運用は期待できない
メリット ポートフォリオをリバランスする手間がかからない
デメリット 高度な運用は期待できないので高いリターンは期待できない
株式/債券、日本/アメリカ/全世界を組み合わせる程度
こんな人に
おすすめ
少額から始めたいが自分で考えるのも面倒くさい

 

1000万円を運用するなら?比較して最適な方法を選ぼう

ここまで見てきた資産運用方法別のポイントをまとめると以下のようになります。

  おすすめ リスク リターン ポイント
株式 中〜高リスク 年10〜20% 実力に大きく左右される
債券 極めて低い 年0.5〜1.5% 概ね元本保証
定期預金 ほぼゼロ 年0.002〜0.5% あくまでも預金の一種
投資信託 比較的低い 年3〜5% 手軽に分散投資できる
不動産 比較的低い 年3〜5% 自己資金以上の投資ができる
FX 非常に高い 1年で数倍 レバレッジをかけられる
保険 低〜中リスク 年1〜3% あくまでも保険のオマケ
ヘッジファンド 比較的低い 年5〜10% 投資のプロに任せる
仮想通貨 非常に大きい 数年で数百倍 未知の領域
REIT 中リスク 年2〜5% 手軽に不動産投資
AI 低〜中リスク 年1〜5% AIに任せた自動売買

この中で1000万円を運用するなら断然ヘッジファンドがおすすめです。その理由を「必要な利回り」と「投資に必要な知識、運用の手間」の2つの観点から解説します。

 

ポイント① 利回り

資産運用の方法について見る前に、まずは1000万円をどの程度の利回りで運用したいのかを考えてみましょう。

「1000万円」という金額は、もちろん大金ですが長い人生で考えたとき「これを守っていれば安泰」と言えるほどの金額でもありません。コツコツと運用して確実に資産を増やしていく必要があります。

 

仮に1000万円を定期預金や債券などの、ほとんど資産が減ることがないもの(元本保証)で運用する場合、10年、20年と続けた場合の資産推移は以下の通りです。

1000万円運用シミュレーション

  • 定期預金(年0.5%)
    :10年後=10,511,401円、20年後=10,511,401円
  • 債券(年1.5%)
    :10年後=11,605,408円、20年後=13,468,550円

1000万円もの大金をつぎ込んでおいて、20年で300万円(=年15万円=約月1万円)のリターンでは割に合いません。

「リスクの低いもので運用したい」「損をするのが怖い」という気持ちもわかりますが、年2%ほどでインフレが進む以上、最低でも物価上昇率以上の利回りで運用する必要があります。

 

では、どれくらいの利回りが必要なのかというと、年10%も20%も必要なわけではありません。

年5%、10%、20%で30年運用した時の資産の増え方をシミュレーションすると以下のようになります。

  元本 1年後 5年後 10年後 20年後 30年後
年5% 1000万円 1050万円 1276万円 1628万円 2653万円 4321万円
年10% 1000万円 1100万円 1610万円 2593万円 6727万円 1億7449万円
年20% 1000万円 1200万円 2488万円 6191万円 3億8337万円 23億7376万円

あまりにもすごい金額になることに驚いた人もいるでしょう。

あくまでもシミュレーションなので、こんなに上手くはいかないでしょうが、年20%で運用すると、20年で資産が38倍、30年で237倍にもなり、1000万円は23億円にまで増えることになります。

 

もちろん23億円まで資産を増やすことができれば、それに越したことはありませんが、一般的に考えれば老後に5000万円〜1億円もの資産があれば十分なはずです。

資産運用で元本にしている1000万円以外にも少しずつ貯金などで資産が作れるのであれば、年5%でもコツコツ長く続けることで十分な資産を作ることができます。

高い利回りのものは、それに応じてリスクも高くなるため、資産運用の方法を考える際には「必要な範囲内でできる限り低いリターン=低いリスクのもの」を選ぶのが重要です。

一般的に個人投資家は年5〜10%を目標に運用するのがよいとされています。

「年10〜15%くらいで運用したいなあ」などと軽々しく考えている人がいたら注意してください。

資産運用の世界において、安定して年10%以上のパフォーマンスを出せるのは、プロの機関投資家の中でもごく限られた一部のエリートたちだけです。

生半可な認識で変な目標設定をしてしまうと、リスクが高くなりすぎたり、一気に暴落して資産の大半を失う可能性も高くなります。特に、ここ2〜3年は株価も上向きで、この時期に投資を始めた人の多くがそこそこの成績を残しているようですが、運が良かっただけです。ビギナーズラックで奢ることなく、堅実な資産運用を目指すことをおすすめします。

 

1000万円を運用するのであれば年5〜10%程度が適切ですが、資産運用の予算が変われば適切な目標も変わります。

例えば10億円を運用できる資産家は、極めてリスクの低い債券で年1.5%で運用したとしても年1500万円のリターンが得られるため十分でしょう。

一方で、10万円しか資金がない人が年5%でコツコツ運用して30年で40〜50万円に増やしても、あまり成果が大きくありません。10万円であれば、失ってもよい覚悟で株やFX、仮想通貨などに賭けてみるのも面白いでしょう。

もちろん資産が3000万円ある人が

  • 2000万円は安全資産 ➡︎ 債券
  • 1000万円は安定収益 ➡︎ ヘッジファンド
  • 100万円は挑戦枠 ➡︎ 株やFX

というように組み合わせる方法も考えられます。

 

ポイント② 投資に必要な知識、運用の手間

ポイント①で整理したように「1000万円」を元手に資産運用するのであれば、年5〜10%程度のリターンがあれば十分です。

そうなると候補は「投資信託」「不動産」「ヘッジファンド」に絞られます。

 

実際に運用することを想像してみて欲しいのですが、これまで特に投資の経験がない人がいきなり1000万円を証券口座に預けて投資信託を購入するのはかなりハードルが高いはずです。

投資信託は、いつでも売買できるのがメリットですが、常に値動きがあるため1000万円が毎日増えたり減ったりするのを目にすることになります。この値動きを気にせずに、ジッと耐えて運用を続けるのにはなかなかの精神力が求められます。

NISA(少額投資非課税制度)が適用されているように、投資信託は基本的に少額からコツコツ資産運用することを前提とした商品設計になっています。

投資信託は「月々1万円を積み立てる」というような方には向いていますが「1000万円の運用先を探している」人には向いていません。

 

不動産投資の方ですが、1000万円を元手=頭金に運用するとすると、相当な大型物件(マンションや商業テナントなど)に手をだすことになるでしょう。一般的なワンルームマンションならまだしも、いきなり大型の物件を管理・運用するのは初心者にはなかなか困難です。それこそ不動産業界の知見や情報が必要になります。

https://asset-management-guide.com/how-to-real-estate-investment/

 

このように1000万円という大金を投資初心者がいきなり運用するのはなかなかハードルが高いのです。

なので、資産運用のプロであるヘッジファンドに丸ごと預けて運用を任せてしまうことをおすすめします。

 

ヘッジファンドは、投資のプロに資産を預けて運用するため、知識や経験がなくても問題ありません。細々と値動きをチェックしたりする必要もありません。

また、一度預けると一定期間(数ヶ月〜1年)は出金できないヘッジファンドは流動性の面にデメリットを感じる人もいるかもしれませんが、毎日の値動きに気を揉む必要がないというメリットにもなります。

そもそも1000万円単位の資金を、日常的に動かすことはないでしょう。それなりの大きな買い物がそんなに頻繁にはないでしょうし、ある程度必要な時期の予測も立つはずです。

資産運用の時間的・精神的な負担から考えても、必要な知識や経験から考えてもヘッジファンドが最もおすすめできます。

 

まとめ – 適切な資産運用で自分の資産を増やそう

資産運用には様々な方法があり、それぞれ一長一短です。

「どれくらいの資金(元本)があるのか」
「どのくらいの期間運用するのか」
どれくらいのリターンが欲しいのか」
どの程度のリスクまで許容できるのか」

などの資産運用の全体をしっかりと考えた上で、自分に合った投資先を選ぶのが重要です。そのためにも自分の資産とそれを運用したらどうなるのか事前にシミュレーションしてイメージを把握しておくことが必要になります。

この記事のまとめ

1000万円のようなまとまった資産を運用する場合、リスクを抑えて年5〜10%を目標に運用するとバランスが良いです。
専門的な知識や経験や、運用に充てる時間がないのであれば、投資のプロであるヘッジファンドに任せるのがおすすめできます。

おすすめのヘッジファンドについては以下のページでも紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

⬇︎おすすめファンドランキング⬇︎