おすすめの資産運用

資産運用で1億円を作るプランとその後の運用方法とは

100million-asset-management-plan

資産運用で1億円は誰でも目標にできる

「億万長者」と言われるように、資産の到達額の一つの目安となる「1億円」。

海外の富裕層を表す「ミリオネア(millionaire)」も100万ドル≒1億円ですね。

 

夢のような金額にも思えますが、実際に1億円の資産を作るためにはどの程度の運用が必要なのか、利回りと期間(年数)から必要な金額を逆算してみましょう。

10年 20年 30年
1% 9,053万円 8,195万円 7,420万円
3% 7,441万円 5,537万円 4,120万円
5% 6,140万円 3,769万円 2,314万円
7% 5,084万円 2,582万円 1,314万円
10% 3,856万円 1,487万円 574万円

 

確かに、10年足らずで1億円を用意するのには相当な資金が必要になります。

ですが、20年、30年という年数をかけてコツコツ(年5〜7%)で運用できるのであれば、1,500〜2,000万円ほどの資産があれば1億円は十分達成できます。

積立(追加の資金投入)も考慮すると、このハードルはさらに下がります。

元本が1,000万円でも、年60万円(月5万円)の積み立てを継続すれば、年6%の利回りで30年後には1億円に到達します。

「1億円=富裕層」という見方もありますが、高齢化が進む現代では豊かな老後を過ごすためには1億円程度の貯蓄が必要とも言われています。
■ 金融庁が発表して話題になった「老後資金2,000万円問題」は、全国平均で最低限の金額です

また流行りのFIRE(※)を目指す若者にとっても1億円は一つの大きな目標になります。
※FIRE(Financial Independence, Retire Early):経済的に自立し、早期リタイアすること

 

1億円を達成する資産運用のポイント

シミュレーションからもわかるように、1億円の資産形成をする際に重要なのは

  • 1,500〜2,000万円かそれ以上のまとまった資産
  • 20年、30年単位の中長期的な視点

です。

安定してまとまった資産を運用できるのであれば、年5〜7%程度の現実的な利回りでよく、不自然に高い利回りは必要ありません。

 

まずは「元手、期間(何歳までに1億円を目指すのか)」をベースに必要な利回りについて検討し、現実的な運用プランを立てることから始めましょう。

高額資金を運用するとなると、よくわからない金融商品や投資案件など、異常に・・・利回りの高いものを目にする機会も増えますが、そんなリスキーなものに手を出す必要はありません。

年10%を超えるような投資案件は、一見すると魅力的に見えますが、中長期的に安定させることが難しく、非常に大きなリスクを伴います。

 

安定したリターンが期待できる投資先(金融商品)を見極めることも重要ですが、一方で20年、30年と長期間継続できるもの・・・・・・・・・・を選ぶことも重要です。

資産運用の見落とされがちなポイントに「継続のしやすさ」があります。

投資を長く継続するためのポイントは「ラクに継続できて、長く続けても疲弊しない」ことです。

 

例えば、自力での株式投資は、銘柄の選定や市場調査などやらなければならないことが非常に多く、片手間で投資を継続するには向いていません。

また、運用し続ければ、含み益・含み損が発生する期間も当然あるため、その都度売買の判断が求められ、精神的な負担も無視できません。

趣味や利益目的以外(優待券狙いなど)で株を買うことを止めはしませんが、個人が株式投資を通じて、長期・安定的に資産形成をするのは現実的ではありません。

 

長期・安定した運用で1億円の資産形成を目指すのであれば、

  • 資金面、期間(目標)から適切な利回りと運用計画を立てる
  • 長く続けても無理のない、現実的に続けられる投資先を探す

という2点に気を配りましょう。

 

長期・安定運用におすすめのヘッジファンドについて

まとまった資産を長く・安定的に続けるにあたって、最も適しているとされているのが「ヘッジファンド」です。

富裕層や資産家と言われる、いわゆるお金持ち・・・・の人たちは、こぞってヘッジファンドに運用を任せ、億の資産を築き、またその億の資産を運用しています。

 

ヘッジファンドは何がそんなに優れているのでしょうか。

投資におけるポイントとメリット・デメリットから、おすすめファンドまで紹介していきましょう。

 

ヘッジファンドとは

そもそもファンドとは、「集めた資金を運用し、資産の最大化を目指す投資事業を営む会社・組織」のことを指します。

ファンドには、それぞれに投資理念や戦略、得意とする手法などがあり、そのファンドの運用に相乗り・・・する形で資金を預け、運用をお願いし、手数料と引き換えに出資者は投資益(リターン)を受け取ります。

あくまでも「ファンドの運用方針」に資産を預ける=投資をお願いするのであって、優秀そうな投資家に「〜〜な感じで運用をお願いします」というものではありません。

 

ヘッジファンドの特徴 – 投資信託との比較 –

募集の違い

ヘッジファンドは、投資制限がかからないようにするため、自社で直接募集のみのいわゆる「私募」になります。

大々的な広告を出すこともないため、ファンド自体の知名度が上がりにくく、その実態を知るためには個別に色々と調べなければなりません。

 

一方で、よくヘッジファンドと比較になる「投資信託」は、ファンドとしての様々な制限(情報開示、ポートフォリオのリスクバランス etc.)を受け入れることで、銀行や証券会社などを通じて誰でも簡単に投資することができます。

ファンドの醍醐味でもある「ポートフォリオ」を公開することは、投資利益の最大化を目指すヘッジファンドにとって、非常に大きなデメリットです。

また、投資対象やポートフォリオのバランスについても制限がかかるため、投資の実力を十二分に発揮することができません。

 

そのため、ヘッジファンドは、募集の制限がかかっても私募で出資を募っている

 

出資規模の違い

ヘッジファンドは、少数(数十〜数百人)の投資家のみを対象とするため、一人当たりの投資のハードルが高く「最低でも1,000万円程度」の出資金が目安になります。

一方の投資信託は、ヘッジファンドとは対照的に、何万人という投資家から数百円〜数万円の資金を集めてファンドの規模を大きくしています。

 

運用目標と手数料の違い

ヘッジファンドは、そもそも運用によって資産を最大化するために設立された会社・組織であり、運用目標も資産の最大化です。

それに伴い、ヘッジファンドは「成功報酬」を主な手数料とします。

 

一方の投資信託は、決まった方針に則って運用すること自体が目的であり、市況や経済情勢に合わせて運用を変える(調整する)ことはしません。

投資で成果が出ようと出まいと関係なく、預かっている資産=運用という行為そのもの・・・・・・に対してかかる「信託報酬」を主な収入源とします。

そのため、投資信託は様々な業界や地域に応じて無数に乱立される傾向があります。結局は、投資する側が「どこに投資すればいいか」を考えて売買する必要があるのです。

 

比較まとめ

ヘッジファンド 投資信託
募集方式 自社のみ 銀行・証券会社経由
投資制限 ナシ アリ
運用の自由度 高い 低い
投資家の人数 少ない(数十〜数百人) 多い(数十万人〜数百万人)
最低金額 高い(1,000万円〜) 安い(数百円〜)
運用目標 資産最大化 運用方針に準ずる
主な手数料 成功報酬 信託報酬

 

ヘッジファンドのメリット・デメリット

ヘッジファンドで運用するメリットは、なんと言っても投資のプロであるファンドマネージャに運用を「丸投げ」でお願いできることです。

会社・組織としてプロが運用するヘッジファンドのパフォーマンスは高く、これまでの実績を見ても、株式市場や投資信託の平均を大きく上回っていることがわかります。

また、単にパフォーマンスが高いだけでなく、ボラティリティ(※振れ幅≒リスク)も低く、安定しているのも特徴です。

参考:ヘッジファンドのパフォーマンス特性 ~リスク・リターンの背景~

 

 

なんと言っても、その高い利回りに目が行きますが、加えて「丸投げ」するという投資のスタイルにも注目しましょう。

ヘッジファンドでの運用は、ファンドに一任することになるので、投資家(出資者)側は何もすることがありません。

 

そのため、時間や労力を費やす必要もなく、長く続けるのに適しています。

「運用をファンドにお願いする」ということは、投資する人の知識や経験、そこにかける時間や熱量などに、リターンが左右されないということです。

そのため、投資に十分な時間を充てる余裕のない忙しい方だけでなく、投資の知識が乏しく、自分で運用する自信のない初心者の方にこそおすすめできます。

 

一方で、ヘッジファンドで運用する際の注意点(デメリット)は、その出資のハードルの高さにあります。最低1,000万円というハードルは投資できる人が限られます。

 

また、ヘッジファンドは募集の時期が定められており、株や投資信託のように日々売買ができるわけではありません。

募集の頻度はファンドによって様々ですが、出資/解約のタイミングがある程度制限されるので、急な支出などに困ることが無いよう、余裕を持って資金繰りする必要があります。

例えば、3ヶ月毎に年4回(3,6,9,12月)募集しているファンドの場合、問い合わせをすることはできるでしょうが、1月の契約は、3月からの運用になります。

また、7月に解約したいと手続きしても、実際に出金があるのは9月になります。

 

募集の頻度(ロックアップ期間)は、「1ヶ月」や「3ヶ月」「1年」など、ファンドによって様々なので、ヘッジファンドを選ぶ際にはきちんと確認するようにしましょう。

 

おすすめファンド – BMキャピタル –

ヘッジファンドは、長期・安定運用に適している一方で、それ自体を見つけ出すことが難しいというハードルがあります。

ファンド事情に詳しく紹介してくれる友人などがいない場合、頼りになるのは口コミや評判です。

 

ここでは、安定運用に適したファンドとしてBMキャピタル(BM CAPITAL)を紹介します。

名称 ビーエムシー合同会社
英名 BMC LLC
所在地 〒106-0032 東京都港区六本木7-18-1
電話番号 03-3403-2508
Email bmcapital@bmcapital.com
事業目的 (1)金融商品取引法に基づく有価証券及びデリバティブ取引
(2)各種事業への投資
(3)有価証券の自己募集
(4)経営コンサルティング業務
(5)前各号に附帯する一切の業務

参考:BM CAPITAL 会社概要 | BM CAPITAL

 

BMキャピタル(BM CAPITAL)は東京のヘッジファンドです。

その最大の特徴は「資産を守る」という投資哲学で運用された結果の、圧倒的に安定したパフォーマンスでしょう。

「マイナスになっていない」という安定感も素晴らしいですが、加えて「年平均10%以上」というパフォーマンスも見逃せません。

決して抜群に高い数字ではありませんが、冒頭のシミュレーションでも示したように、安定的に長く運用し続ける・・・のであれば、十分すぎるリターンが期待できます。

時間をかけてのじっくりとした資産形成を目的とするのであれば、そもそもそれに適した運用方針・投資戦略のファンドを選ぶことは非常に重要です。

 

最低1,000万円から募集を受け付けているため、ヘッジファンドの中では比較的手の届きややすい募集ラインと言えるでしょう。

bm-capital-reputation
BMキャピタルの口コミ・評判と 投資のポイントを検証まとめBMキャピタルについて 「1億円を作る」という目標に向けて運用するにあたって、ヘッジファンドがおすすめです。 今回は数あるヘッジ...

 

公式ページに以下のようなフォームがあるので、興味がある人は、そこから問い合わせ(資料請求)してみることをおすすめします。

⬇︎[公式]BMキャピタルに資料請求する⬇︎

 

さいごに – まとめと資産運用の注意点 –

ここまで紹介してきた「1億円を作るための資産運用」で重要なポイントをまとめると以下のようになります。

ここにボックスタイトルを入力

運用計画

  • 1,500〜2,000万円かそれ以上のまとまった資産
  • 20年、30年単位の中長期的な視点

運用方法

  • 年5〜7%の適切な利回り
  • 長く続けても無理のない運用方法

 

これを達成するための方法としておすすめなのが、BMキャピタル(BM CAPITAL)のようにリスク管理を徹底し、安定した運用を重視するヘッジファンドです。

 

ですが、それぞれの置かれている状況や環境により、必要な利回りや資金繰りは異なってきます。それぞれにあった適切な投資先を検討しましょう。

 

※どんな投資にも必ずリスクは付きものであり、どんなに「確実」と言われているものでも、損をする可能性は否定できません。投資先を選ぶ際には、十分に吟味・検討し、ご自身の判断で納得のできるものを選ぶようにしてください。