BMキャピタル

BMキャピタルの仕組みと投資初心者におすすめのポイント

bmc-scheme

「投資をしたことない」
「投資したいとも思っていない」
「でもせっかくだから減らないのならやったほうがいいのかな〜」

と思っている人も少なくないでしょう。

 

特に退職金や相続などで、一度にまとまったお金を手にしたときにそのように考える人は多いようです。

 

そんな「どうしていいのかわからない」という投資初心者にこそヘッジファンドがおすすめできます。

 

「ヘッジファンドって難しそう」
「上級者やプロ向けじゃないの?」

と思っている人もいるかもしれませんが、実はヘッジファンドこそ投資初心者に最適です!

さとる
さとる
かくいう私もヘッジファンドから投資を始めました。

 

ヘッジファンドについて理解するにあたってBMキャピタル(BM CAPITAL)が非常にシンプルでわかりやすいです。

人気のBMキャピタルに沿って見ていきながら、ヘッジファンドがどんなものなのか解説していきます。

ヘッジファンドとは

ヘッジファンドは「人のお金を預かって運用するもの(会社・組織)」です。

富裕層や資産家が、自身の資産の運用をプロに任せていたのが事業化したものがその起こりです。

 

「資産運用はプロにお願いする方がいい」ということが当たり前になることで、それが事業・会社となったものがヘッジファンドです。

さとる
さとる
実は、BMキャピタルのファンドマネージャ(運用の最高責任者)も東大在学時から投資で大成功しており、彼に自分のお金の運用も任せてしまいたいという人が出てきたため、ファンドを組成し事業となったのがその成り立ちだとのことです。
学生時代から事業で成功し、また投資の世界でも才覚を現していたなんて、どんだけ優秀なんでしょうw

ヘッジファンドの仕組み

ヘッジファンドでは、投資家はファンドにお金を預けて、ファンド(ファンドマネージャ)がそれを市場で運用します。

運用の仕方は、ファンドによって様々で、株式に限らず、不動産やFXなど色々あります。

 

ファンドは運用によって資産を増やし、その増やした一部から収益を得ます。

投資家から見ると、増えた資産の一部から手数料をファンドに支払うことで、運用を任せて増えた資産(=リターン)を受け取ることができます。

BMキャピタルを例に見てみましょう。

 

私たち投資家がBMキャピタルと契約し、1,000万円の出資をしたとします。

そんな投資家が100人いたとしましょう。

するとBMキャピタルに集まる資金は1,000万円×100人=10億円です。

この10億円をBMキャピタルのファンドマネージャがまとめて運用します。

10億円を1年間運用して11億円(+10%)になったとき、その利益の1億円の一部がファンドの報酬になります。

ファンドの報酬が利益の半分(50%)とすると、ファンド側が5,000万円の収益を得て、残りの10億5,000万円が投資家に還元されます。

1,000万円投資していた場合、1,050万円に持ち分が増え、50万円の利益を得ることができます。

ヘッジファンドに預けるメリット

ヘッジファンドに預けて資産運用する最大のメリットは投資の知識がなくても安心して運用を始めることができるということです。

 

優秀なヘッジファンドに資産を預けていれば、その間は何もせずともファンドに丸投げで投資をお願いすることができるので投資家として知識や経験がなくても問題ありません。

またファンドに丸投げなので、企業のことを調べたり株について分析したりするコストがかからない点もメリットと言えるでしょう。

ファンドに手数料は払いますが、時間や(投資家としての)能力を買っていると考えれば十分なメリットがあります。

 

ヘッジファンドのパフォーマンス

さて、そんなヘッジファンドの肝心のパフォーマンスですが、多くの投資家がこぞって資産を預けていることからもわかるように非常に優れたパフォーマンスが期待できます。

 

一般的に個人で資産運用をする場合、年間でプラスになれば御の字、年3~5%もリターンがあれば十分と言われていますが、

ヘッジファンドの場合、平均して年10~15%程度のパフォーマンスがあるのが一般的です。

ここから手数料が引かれますが、それでも年5~10%程度のリターンが得られるため、投資家としては万々歳でしょう。

さとる
さとる
しかも、この運用に手間も時間もとられないのですから、普通に自分で株をやって年5%のリターンを得る以上のメリットがあります。

 

ヘッジファンドの高いパフォーマンスの背景には、プロの投資家(ファンドマネージャ)の深い金融の知識や、組織としての力などがあります。

特に、大株主として投資先の企業に働きかけるアクティビストとしての活動は、運用資金が数十億〜数百億円もあるヘッジファンドだからこそ影響力を持つものであり、仮に投資の才能があったとしても個人では絶対にマネのできない領域です。

 

ちなみにBMキャピタルのパフォーマンスは

  • 年平均10%超
  • マイナスになった年0回
  • 6年で資産価値2倍

出典:BM CAPITAL

となっており、一般的なヘッジファンド以上の安定した成績を残していることがわかります。

 

特に注目するべきは「マイナスになったことがない」というリスクの小ささでしょう。

 

BMキャピタルはそもそも「資産を減らさない、損をしないように運用することを最優先にする」という運用方針でありそれが結果にも現れています。

一般的にリスクを抑えた運用をすると「ローリスク・ローリターン」になってしまいがちですが、BMキャピタルは独自の手法で「ローリスク・ミドルリターン」を実現しています。

 

結果、投資のクオリティを評価するシャープレシオ(※)は1.8と脅威のハイスコアを叩き出しており、投資に不安を覚える、初めてヘッジファンドを活用する人にもおすすめできるものとなっています。

※シャープレシオとは投資の質を測る指標で一般的に1.0を越えれば上々、1.5でハイレベル、2.0は世界トップクラスというのが目安です。詳しくは『シャープレシオを調べてわかった!BMキャピタル脅威のパフォーマンスの正体とは』で解説しているので興味がある人は参考にしてみてください。

ヘッジファンドのリスク

さて、そんないいこと尽くめのヘッジファンドですが、もちろん投資の際に注意をしなければいけない点もあります。

 

まず、どんなに運用の腕が優れていたとしても、投資にリスクはつきものなので、絶対に損をしない元本保証というわけではありません。

これは、過去にマイナスになったことがないBMキャピタルについても同様です

きちんとリスクヘッジされた安定した運用が期待はできますが、投資の世界に絶対はないことは肝に銘じておきましょう。

むしろ「元本保証で!」「絶対儲かる!」「確実に損をしない」といったフレーズは投資の世界ではタブーであり、虚偽のPRは法律で禁じられています。

そう言ったワードが出てくる場合詐欺の可能性も高くなるので甘い話に惑わされないように注意しましょう。

また残念なことに、投資の世界には詐欺や詐欺まがいのものが紛れているのも事実です。

そういった商品は、異常に利回りが高かったり、一方で、費用が少なく始めやすかったりするので、美味しすぎる話には注意しましょう。

数十万〜100万円程度で始められるものなどには注意したいところです

ちなみにBMキャピタルですが、公式ページにも「元本が保証されるものではない」と明記されています。

また詐欺やポンジスキームの可能性については、様々な角度から調査・検証しているところ、きちんと実体のある信頼できるファンドとみて問題なさそうです。

さとる
さとる
過去出金のトラブルや金融庁からの警告なども確認できませんでした

 

また、BMキャピタルは「最低1,000万円」が出資のハードルとして設定されており、その辺の人から簡単にお金を集めることができるような仕組みではありません。

さとる
さとる
それでも海外のヘッジファンドがミリオン(=1億円)を最低金額の目安としていることが多いことを考えれば、一部の人には手が届くギリギリのラインに金額を設定しており、
退職金や相続などの資金、コツコツ働いていたらある程度貯まってしまった貯金などをとりあえず運用してみたい人には適しています。

まとめ

このように、

  • プロに任せることができる
  • 投資家側に金融の知識がなくても問題ない
  • 時間や手間も必要ない
  • そこそこの安定したパフォーマンスが期待できる

というヘッジファンドは、特に初心者を始め、これから投資を始めてみたい/なんとなく始めなければいけないとは思っているけれど何から手をつけたらいいのかわからないという人に非常におすすめできます。

 

また今回ピックアップしたBMキャピタル(BM CAPITAL)は、ヘッジファンドの中でも「リスクを抑えて損をしないようにしつつ堅実に運用する」という点において定評があり、特にビギナー向けファンドと言えるでしょう。

窓口担当のスタッフも丁寧だと評判です。

なかなか馴染みのないヘッジファンドに尻込みしてしまう気持ちもわかりますが、まずは問い合わせて話を聞いてみることをおすすめします。

コンタクトフォームから問い合わせもできるので興味のある人はぜひ色々と調べてみてください。

ファンド紹介

名称 ビーエムシー合同会社
英名 BMC LLC
所在地 〒106-0032 東京都港区六本木7-18-1
事業目的 (1)金融商品取引法に基づく有価証券及びデリバティブ取引
(2)各種事業への投資
(3)有価証券の自己募集
(4)経営コンサルティング業務
(5)前各号に附帯する一切の業務

参考:BMキャピタルHPより