資産運用の基礎知識と注意点

副業ではなく投資で資産を増やすべき理由とおすすめを紹介

sidebusiness

投資で資産を増やす

インフレや円安も相待って、今後今まで以上の収入が必要になり、副業など様々な収入源を持つことの重要性がますます高まっている昨今。

いわゆる副業(複数の会社に勤める)をはじめ、SNSやyoutubeなど、個人で収入を得ることができる選択肢はどんどん増えています。

フリーランスとして様々な会社と取引をしたり、起業をする人も増えてきており、まさに働き方や収入が多様化してきていますね。

 

そんな様々な稼ぎ方があり、いわゆる会社員としての「給料」以外の収入を持つことが当たり前になりつつある昨今において、最も注目したいのが投資・運用によって資産を増やすという考え方です。

 

少しずつ資産運用の重要性が理解されてきていますが、

実はいきなり「投資をしろ」と言われても何から手をつけていいのかわからず、また自分で運用するのは少し怖いと感じている人もいるのではないのでしょうか。

 

テレビやSNSなどでも投資の話は多くなり、やれ米国株が〜、ETFが〜、TOPIXが〜などと言っていますが、きちんと考えるとこれらに投資することはおすすめできません

そこで今回は、数ある資産を増やす方法の中でも、再注目である「投資の重要性」とその中でもさらにおすすめの運用方法について考えていきたいと思います。

 

資産を増やす上で重要なのは+αであること

会社からの給料以外に収入を得る方法は様々ありますが、結論から言ってしまうといわゆる「副業」はまったくおすすめできません。

「副業」で得られる収入には大きな落とし穴があり、きちんと運用して資産を増やしている人とでは天と地ほどの差が開きます。

まずはそのポイントから解説していきます。

 

副業の落とし穴

よく「収入UP=副業」だと考えてしまっている人がいますが、実は副業で得られる収入には限界・・があります。

副業とは、文字通り自分の本業(会社員としての仕事)以外の「仕事」であり、結局は働いてお金を得る行為に他なりません。

つまり副業は、会社の仕事とは別に他の仕事をするだけで、極端な話、残業で収入を増やしているのと一緒です。

もちろん、副業にもいくつかメリットがあり、例えばyoutubeなどは、成功すれば会社員の給料を凌ぐような大きな収入を得ることができる可能性があったり、そのまま本業にしてしまい億万長者を目指すことができる可能性が広がります。

また、仮に今勤めている本業の会社を辞めたりした場合の保険になったり、自身のスキルアップにもなるといった補助的な効果も期待できますが、

あくまでも「自分の時間を使って=働く時間を長くして収入を増やす」ということに変わりはなく、形の違う残業の域を出ません。

 

収入UPの2つの方法

そもそも、収入を上げる方法は大きく分けて2つあります。

1つは、いわゆる副業のように、働く時間を増やして収入を増やす方法です。

これは至極真っ当な選択肢で誰でも簡単に思いつくでしょう。

もう1つの方法が自分の単価(時給)を上げる方法です。

 

「収入=時給×時間」なので、同じ時間働くのであれば、自分の時給(単価)を上げるしかありません。

時給を上げる方法は様々ありますが、大きく分けると以下のようなものが考えられます。

  • スキルアップ
  • より時給の高い仕事への転職
  • 昇給

 

自身のスキルを磨いて、より社会的な地位を高めることができれば、人材としての重要度が増すため時給(給与)が上がることが見込めます。

あるいは、より高収入の仕事を探す方法もあるでしょう。

先述したyoutuberへの転職などは、当たり外れがあるもののこれに該当します。

 

最後の「昇給」ですが、これが最も確実で現実的な方法でしょう。

今の仕事を一生懸命頑張って、残業をこなし、評価が高まれば昇給して、収入を増やすことができます。

単純に目先の収入を増やしていのであれば、今の仕事を頑張って昇給していくことが最短ルートです。

残業時間を長くすれば、確実に年収はUPしますし、よほど専門的な知識でもない限りは新しいものにチャレンジするよりも確実に収入を増やせます。

 

収入UPで大事なポイント

このように収入を増やす方法はいくつかありましたが、最も手っ取り早く確実なのは「残業と会社員としての昇給を目指すこと」でした。

 

ですが、収入を増やしたかった人たちが求めていたのは「会社とは全く異なる収入」のはずです。

 

つまり「収入UP」を求める上で重要なのは、「時間を増やすこと」でも「時給を上げること」でもない、全く新しいプラスアルファの考えを導入することになります。

このことを念頭に置いた上で、収入をUPする方法として投資・資産運用が最も効果的だと言える理由について解説していきます。

 

投資・運用が収入UPにおいて重要なワケ

収入UPを考える上で重要なのが、

  • 働く時間を増やす
  • 時給を上げる

のどちらでもない新しい方法を見つけることでした。

 

それを考えていくと「自分ではない何か」に働いてもらって収入を得るという唯一の正解に辿り着きます。

それこそが、お金に働いてもらう投資・運用です。

  • 自分自身が働く=副業
  • 自分ではないお金が働く=投資・運用

この2つを考えたときに、後者の方が収入UPの方法として優れています。

 

より有効でおすすめの投資先・運用方法は何か

やってはいけないNG投資「株・FX」

では最後に、具体的におすすめの投資先・運用方法について考えていきましょう。

ここでも重要なのは「自分自身の時間を費やさないこと」です。

 

もちろんどんな投資もお金に働いてもらうことに変わりはありませんが、投資自体に時間をかけていては結局は副業と変わりません。

その点で株やFXは候補から外れてしまいます。

さとる
さとる
もちろん適当に株を買ってみるだけであれば、誰でも簡単にできますが、ある程度安定した成果(収入)を得るためには、会社の業績を調べたり、チャートを分析したりと、結局は自分自身が働かなくてはいけなく・・・・・・・・・・・・・・・・・・なってしまいます。

自分自身の手をわずわせない運用の方法こそが、収入UPを考える上で重要なのです。

 

収入に余裕がある人の代名詞「不動産投資」

昔から「金持ち=地主、不動産オーナー」というイメージがある人もいるかもしれませんが、彼らはお金があったから地主になったわけではなく、地主・不動産オーナーだったからこそ、お金持ちになれたと考えることもできます。

それほどまでに、「不動産投資」は投資の選択肢として価値があります

不動産投資は、仲介会社を利用することで、物件の売買や管理、その他事務作業まで、その手続きの多くを業者に任せることができます。

物件を選んで契約するところまでは慎重になる必要がありますが、オーナーとなってしまった後は、ほとんど手間なく収入を得ることができるでしょう。

不動産投資を成功させる秘訣は、より信頼できる仲介業者を活用することです。

最近はテレビCMなどもバンバン打つような大手も増えてきていますが、マーケティングに力を入れていない中小の仲介業者こそ、優秀なケースも少なくありません。

不動産投資について詳しくは以下の記事でも解説しているので、ぜひこちらも参考にしてみてください。

real-estate-investment-recommendation
不動産投資の正しい仕組みと4つのポイントを徹底解説不動産投資のすすめ 資産運用の方法は様々ありますが、ある程度の収入・貯蓄のあるハイエンド層であれば、ぜひ知っておいて欲しいのが「不動産...

 

資産運用の最有力候補「ヘッジファンド」

数ある投資の選択肢の中でも、より信頼度が高く「運用」として評価されているのが「ヘッジファンド」です。

ヘッジファンドに資産を預けて運用を依頼する方法こそ、手間をかけずに資産を増やす方法として最も優れています。

さとる
さとる
ヘッジファンドは、元々海外の富裕層や資産家からも支持されていたように、本業に忙しい人が自身の資産を他で・・増やす際に最もメジャーな方法として高く評価されてきました。
日本ではまだ馴染みが薄い人も多いかもしれませんが、昨今の資産運用ブームの影響もあり、少しずつファンドに投資する人が増えてきています。

ヘッジファンドに投資する最大のメリットは、なんと言っても投資のプロであるファンドマネージャに運用を丸投げできることであり、ヘッジファンドを活用した運用は、手間が一切必要ありません。

またその手軽さに加えて、安定して高いリターンが期待できるという点も魅力であり、資金に余裕のある人であれば真っ先に検討したい投資候補の1つでしょう。

 

情報の少ないヘッジファンドについては、以下のページでその特徴や選び方なども解説しているのでぜひ参考にしてみてください。

3 key points of hedgefund
ヘッジファンドを選ぶ3つのポイントと注意点とはヘッジファンド選びは資産運用のキモ まとまった資産を運用する人にとって「ヘッジファンド」は非常に有効です。 元々...
how-to-start-hedgefund
ヘッジファンドのはじめ方|問い合わせ〜出資のプロセスヘッジファンドとは ヘッジファンドとは、投資のプロであるファンドマネージャ率いるファンドに資産を預け、運用をお願いする資産運・投資のサ...

 

また、具体的なおすすめファンドについてもランキングページで紹介しているのでそちらもぜひ参考にしてみてください。

⬇︎おすすめファンドランキング⬇︎