BMキャピタル

国内ヘッジファンド事情とBMキャピタルのポイントを解説

about-bmcapital

 

資産運用の必要性・重要性がますます高まっています。 様々な金融商品が溢れ、証券会社などがメディアでガンガンPRするような時代になってきましたが、多種多様な投資先がある中で、ひっそりと注目され、高い評価を集めている「ヘッジファンド」をご存知でしょうか。

ヘッジファンドとは

ヘッジファンドとは、資産運用を事業とする投資機関です。 投資家から出資された資金を元に様々な運用手法を駆使して、より確実に利益の最大化を追求しています。 富裕層や資産家から高い支持と信頼を得ており、「ヘッジファンドが投資している」という事実が様々な投資家から注目されるほど、その高い運用能力に注目が集まっています。

このサイトでは、資産運用の方法として日本でも注目度が高まっている「ヘッジファンド」の中でも、特に評価の高いBMキャピタル(BM CAPITAL)中心に、安全に運用し、資産形成していく方法を解説しています。

 

ヘッジファンドの疑問

そもそもヘッジファンドは、資産運用において「最高・最適」と呼び声が高い一方で、まだまだ情報が少なく、「興味があってもどうしていいかわからない」という人も大勢います

ヘッジファンドがなかなか浸透しない背景には、元々富裕層を対象としていた点や、「私募」という特性が関係しています。

銀行や証券会社などを介することなく、自社で直接募集・契約をするスキームのものを「私募」と言います。 ヘッジファンドの類似品として比較される「投資信託」などは「公募」となります。

販売会社が存在していないため、一般の投資家には情報が得にくいという難点がある一方で、限られた投資家の資金を不要な制限なく運用できるというメリットがあります。

投資信託と比較してその特徴やメリット・デメリットを解説しています➡︎『比較で簡単!ヘッジファンドと投資信託の違いをわかりやすく解説

このように、情報が限定的なヘッジファンドですが、金融業界においては最重要・最注目と呼べるほど、投資のレベルは高いです。 より大きな資産を運用する資産家や富裕層からの信頼を得て、成果を出し続けてきたこともまた事実です。

 

国内ヘッジファンド事情

そんなヘッジファンドですが、最近は日本国内にも中小型規模のファンドが増えたことにより、出資のハードルが下がり、一般の投資家にも手の届くものになってきました。

国内の中小型ファンドであれば、1,000万円程度の資金があれば投資できると言われています 決して少額ではありませんが、元来「億単位」の資金がなければ手の届かなかったものだということを考えると、十分に身近になってきています。

このサイトではそんなヘッジファンドについて

ヘッジファンドの基礎知識

ヘッジファンドの選び方・注目するべきポイント

ヘッジファンドで運用する際のリスク・注意点

など、様々な角度から解説していきます。  

注目ファンド BMキャピタルについて

特にこのサイトでは、様々なランキングで上位に評価され、その安定して高い運用成績で注目を集めているBMキャピタル(BM CAPITAL)に焦点を当てて徹底的に調査しています。  

BMキャピタル(BM CAPITAL)とは

BMキャピタル(BM CAPITAL)は、個人でも投資できる日本のヘッジファンドです。

長年日本株で運用してきた実績があり、安定して高利回りパフォーマンスで、投資家界隈で高い評価を得ています。 投資対象も日本株に限定されており、非常にシンプルでわかりやすいスキームのため、ヘッジファンド初心者にもわかりやすい点でも人気があります。

名称 ビーエムシー合同会社
英名 BMC LLC
所在地 〒106-0032 東京都港区六本木7-18-1
事業目的 (1)金融商品取引法に基づく有価証券及びデリバティブ取引
(2)各種事業への投資
(3)有価証券の自己募集
(4)経営コンサルティング業務
(5)前各号に附帯する一切の業務

参考:BM CAPITALより

 

 
投資手法・内容の解説
これまでの運用実績の分析・クチコミ評価
類似・その他人気ファンドとの比較
 
など、徹底的に掘り下げて解説していきます。
 
1つのファンドに絞って徹底的に掘り下げることでヘッジファンドそのものに対する理解が深まれば、他のファンドについての理解も深めやすくなります。
 
BMキャピタルについては以下の詳しい解説記事も参考にしてみてください。
 

あわせて読みたい

 

最新の資産運用のプランであるヘッジファンドについての見識を深めるだけでなく、注目ファンドのBMキャピタル(BM CAPITAL)を通じて、安全に運用し資産形成するための理解を深めていきましょう。

⬇︎BMキャピタルへの問い合わせはこちら⬇︎